沿革

昭和36年 創業者 沖野照明が中区舟入川口町にて印刷業開業
〈昭和45年当時〉の工場内
昭和40年 レンズ印刷株式会社を設立
西独ハイデルベルグ社製オフセットを導入
昭和42年 舟入川口町に鉄筋3階建を建築してカラー化を進める
昭和53年 広島印刷団地協同組合に加入し、西部開発用地へ、国、県、市の高度化資金助成を得て集団化進出、企業基盤を作る
ハイデルベルグ印刷機A全版2色機を導入、増設
昭和56年 電算写植、ワークステーション等、組版のエレクトロニクス化を図る
資本金1,900万円となる
昭和57年 新聞印刷用輪転機(池貝ゴス製3P1F)を導入
昭和60年 ハイデルベルグ印刷機4色機など増設し生産性、品質の向上を図る
昭和62年

〈平成元年〉導入
株式会社西広島タイムス(資本金一千万円)を設立し、地域情報紙を週刊で発行開始。新聞印刷機にカラー印刷機を接続導入
無代宅配紙週刊「西広島タイムス」創刊

新聞輪転1号機昭和62年導入

平成7年新聞輪転2号機導入
平成4年 DTP等のワークステーションを増設、制作現場を充実
平成6年 株式会社西広島タイムスを併合
平成8年 デジタル組版、製版設備を増設
デジタル化を進め社内LANを構築し合理化・コスト低減に努める
平成17年 新聞輪転機BHK-1000型(東京機械製・約2億5千万円)を導入し、紙面を刷新、品質向上を図る
平成26年 11月 沖野直子が代表取締役に就任
現在に至る
平成28年 2月 商標登録「えるこちゃん」(登録第5825939号)取得