スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

全国男子駅伝 日号砲 宮島街道など交通規制 全面通行止めやドローン飛行禁止など

2017年01月13日
 全国47都道府県の代表選手が平和記念公園前(広島市中区中島町1丁目)を発着地点に広島市・廿日市市を駆け抜ける「天皇盃第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」が22日(日)午後0時半~、ある。各都道府県の中学生、高校生、大学生・社会人総勢329人が全7区計48㎞を力走する。コースの平和大通りや地元宮島街道は交通規制するため、主催の日本陸上競技連盟などは注意を呼び掛けている。雨天決行。
 当日は午後0時半に同公園前をスタート。第1中継所の広電井口駅東(先頭通過予定時刻は同50分、以下同)を経て第2中継所の海老園交差点(同59分)、第3中継所の宮島口ロータリー(1時23分)を通りJR前空駅東で折り返す。第4中継所のJR阿品駅南(同38分)、第5中継所の広島工大高前(2時3分)、第6中継所の草津橋(同11分)を通過し、ゴールの同公園前(同50分)を目指す。
 交通規制は正午~午後3時半。田中町交差点(広島市中区富士見町)―西広島駅前交差点(広島市西区己斐本町1丁目)間の平和大通りと宮島街道全域を競技の進行に応じて全面通行止めにする。同公園近辺も規制する。
 コース沿道や周辺では、ドローン(小型無人機)の無許可飛行を禁止している。
 問合は、同大会事務局TEL(082)292・0601、交通情報センターTEL050・3369・6634。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー