募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市中央市民センターで4月〜 基礎からの音楽講座 好評で新年度も募集

2017年02月10日
 【廿日市市】廿日市市中央市民センター(廿日市市天神)が、4月に開講する「エレメンタリー・ミュージック講座」(はつかいち音楽文化基礎講習)の受講者を募集している。今年度、初めて催し、好評だったことから来年度も開催する。来年3月まで楽譜の読み方など基礎から学びたい人、音楽に自信のない人、経験者でもう一度基本から学びたい人を募っている。
 講師は、東日本大震災を契機に始まったレクイエムプロジェクトのコンサートに参加し、はつかいち市民オペラの団長を務めた経験を持つ合唱歴四十年以上の同センター松村拓典所長。講座では楽譜の読み方や音楽への考え方など基礎を習った後、合唱と楽器演奏の講座に分かれ引き続き学ぶ。活動日は、第1・3月曜日午後7時〜9時もしくは第2・4月曜日同2時〜4時。
 対象は小学生以上で、会費は一カ月500円。昼・夜の部各20人の定員になり次第締め切る。
 今年度は、昼・夜の部とも定員に達した。市外からも参加するなど下は高校生から上は70歳代まで親子で受講する人もいたそうだ。講座を受講して楽器を買った人もいたり、「楽譜を見て分からなかった人が音楽は楽しいと言ってもらえるようになった」(松村所長)と魅力に取り付かれた人も多かったようだ。2月11日(土)・12日(日)にある同センターまつりの二日目のステージでは、同講座の受講生が舞台に立ち「どこかで春が」「エーデルワイス」など一年間の成果を披露する。
 講座修了後には、各市民センターのサークル活動に参加してもらい、「音楽に親しむことで健康で心豊かな人生を楽しんでほしい」と松村所長は呼び掛けている。
 申込・問合は、廿日市市中央市民センター☎(0829)20・1266。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月15日 第1481号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー