スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

大野の女子中学生が奮闘 3市16校が新コース熱走 はつかいち駅伝で

2017年02月10日
ゆめ桜公園を一斉にスタート。声援の中、新コースを駆け抜けた
 【廿日市市】「中学校女子はつかいち駅伝大会」が5日、廿日市市であった。同市・広島市・大竹市から16校が出場し、ゆめ桜公園を発着点に5区間12㎞で争い、沿道では保護者らが傘を手に声援を飛ばしていた。広島市立伴中が優勝。3連覇を狙った地元廿日市市立大野東中が2位、同大野中が4位と大野地域勢が活躍した。同大会実行委員会主催。
 29回目を迎える今年はコースを変更した。同公園を走り住吉堤防敷を折り返し、距離は以前に比べ約800m短くなった新コース。号砲とともに1区で抜け出したのは国泰寺中。だが、1区で5位だった伴中が追い上げ、3区以降はトップを譲ることなく優勝を決めた。
 一方、昨年、全国中学駅伝で3位に入った大野東は主力選手の一人がほかの大会に出場し、ベストメンバーとはいえなかった。1ー4区は3位だったが、沿道で「必勝三連覇 大野東」と手書きの応援ボードを持った市民の声援を背に、最終5区で順位を上げ、底力を見せた。
 レース前に目標タイムを44分台に掲げたが1分近く遅れ、永野友菜(2年)は「順位でも納得できなかった」とほぞをかんだ。悔しさを胸に「先輩がつくってくれた中国駅伝で3連覇を目指したい」と今年の目標に向け表情を引き締めた。
 大会の結果は次の通り(地元関係分、敬称略)。
 ②大野東(永野友菜ー柳瀬凛香ー山岡羽菜ー池田真彩ー嘉屋かおり)45分18秒④大野(前田美保ー泉谷香澄ー加藤ここみー尾木愛珠美ー枡井彩花)47・02⑤五日市観音(川﨑和奏ー松冨彩花ー佐古水月ー上原沙弓ー原真雪)47・04⑥三和(西田愛唯ー吉崎純夏ー山根千歩ー齊藤優菜ー岡戸柚奈)47・10
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー