イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「利息でござる」上映 磯田氏の講演19日に さくらぴあで

2017年03月03日
 【廿日市市】映画「殿、利息でござる!」の原作者で歴史学者の磯田道史氏の講演と映画の上映が19日(日)、はつかいち文化ホールさくらぴあ(廿日市市下平良1丁目)である。史実を基にした実話の裏話など聞いた後、映画を鑑賞するので面白さ・感動も倍増しそうだ。同市文化協会が、毎年開催している文化的行事。西広島タイムスなどが後援。
 磯田氏は、現在、国際日本文化研究センター准教授を務め、映画化した「武士の家計簿」など多数の著書がある。「殿…」は、磯田氏著書の「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を映画化し、昨年公開した。
 仙台藩から重い年貢を課せられ町人と百姓の破産と夜逃げが相次いでいた。宿場町を救うべく私財を投げ打ち立ち上がった庶民の姿を描いた時代劇。阿部サダヲが主演し、フィギュアスケートの羽生結弦が映画初出演したことでも話題になった。
 当日は午後1時半〜「史実の映画化「殿、利息でござる!」の舞台裏」と題し、講演後に上映。同5時終演予定。
 全席自由で、前売券(1800円)は、さくらぴあ事務室・エディオン広島本店・アルパーク天満屋で販売中。当日は2000円。
 問合は、さくらぴあ☎(0829)20・0111。

プレゼント
 西広島タイムスでは「磯田道史氏の講演と映画」のチケットを5組10人にプレゼントします(廿日市市文化協会提供)。
 希望者は、はがきに住所・氏名・年齢を書いて〒738︱0014廿日市市住吉2︱2︱16廿日市市市民活動センター内302号廿日市市文化協会「磯田道史氏の講演と映画係」まで送付する。
 応募締切は、3月9日(木)必着。
 応募者多数の場合は、抽選。当選者の発表は、チケットの発送にかえます。集めた個人情報は、プレゼントの抽選・送付以外に使用しません。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月15日 第1481号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー