行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.26発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

独身男女に出会いの場を 週に1回こいのわイベント 広島県子育て・少子化対策課

2017年03月31日
 広島県は、結婚を希望する人が出会いのチャンスに恵まれるよう、2014年8月に「ひろしま出会いサポートセンター(ひろサポ)」を設立し、縁をつなぐためにさまざまな応援をしている。15年からは、少子化対策の一つとして「こいのわプロジェクト」として活動している。
 出会い・結婚支援施策の参考資料として、独身者の結婚観などに関する「未婚の男女に関する意識調査」を実施。4回目の16年12月の調査結果では、独身者の8割弱に結婚の意思があり、早く結婚したいという希望があった。行政に求める出会い支援は「婚活イベント」が最多だった。
 これまでの調査結果を踏まえ、結婚したい男女のために「週に1回県内のどこかで、こいのわイベントを開催しています」と県担当者。結婚したいと思っているが、なかなか出会いのない独身男女に、ぜひ「ひろサポ」のホームページを見て、イベントに参加してもらいたいという。
 会員登録は無料、参加費はイベントによって異なるが3000円~4000円程度。
 同プロジェクトの活動が、オール広島ロケで映画化され、今秋に公開予定という。県は、出会い・結婚支援策の認知度を高めていきたい考えだ。実際にあった成婚へのストーリーを、パラパラ漫画として投稿動画サイトで見ることができる。
 マスメディアでも取り上げられ、会員数は着実に増えている。これまでの活動実績は左記の通り。
 県は、出会いイベントの運営の手伝いやイベント終了後のカップルフォローをする「こいのわボランティア」、地域で結婚支援活動を行う団体「ひろしま出会いサポーターズ」、独身社員の婚活を応援する「応援企業」なども募集している。
 詳細は「ひろサポ」ホームページまたはTEL(082)511・1216事務局・(公財)ひろしまこども夢財団(広島県健康福祉局子育て・少子化対策課内)。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成29年5月26日 第1453号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー