行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.11発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

6月新人演奏会 有望の11人出演 東区民文化センターで

2017年05月12日
 第38回広島市新人演奏会が6月18日(日)午後1時半~、広島市東区民文化センターホールである。今春全国の音楽系大学・短大などを卒業して将来有望視されている同市ゆかりの若手演奏家11人がピアノ・バイオリン・サクソフォンなど器楽と声楽の演奏を披露する。地元西広島地区からも3人が出演する。主催の公益財団法人広島市文化財団は、多くの人の来場を呼び掛けている。
 同演奏会は、毎年開催している。例年12月に開いている広島プロミシングコンサートで、広島交響楽団と共演する出演者の選考会を兼ねている。
 今年は、8大学出身者で、地元西広島地区ゆかりの河本雄一さん(広島市西区)、向井真帆さん(廿日市市)、大内那実さん(広島市佐伯区)がいる。各楽器の代表的作品をはじめ、知る人ぞ知る隠れた名曲まで、多彩な曲を奏で、歌う。1曲が十五分以内と短めで気軽に聴くことができるのも特徴。昨年の同演奏会優秀演奏者・豊島萌華さんのピアノ演奏もある。
 出演者は次の通り(敬称略、出演順)。
 植田歩乃花(広島大、バイオリン)、河本雄一(国立音楽大、オーボエ)、向井真帆(愛知県立芸術大、チェロ)、重本ゆうき(エリザベト音楽大、ソプラノ)、井手内隆成(広島文化学園大、サクソフォン)、森山一輝(東京音楽大、トランペット)、青木友里(広島大、フルート)、佐藤美希歩(昭和音楽大、バイオリン)、正木健太郎(大阪芸術大、トランペット)、大内那実(エリザベト音楽大、ピアノ)、加藤瞳(広島文化学園大、サクソフォン)。
 全席自由で、入場料金は1000円(当日1200円)。小中高生は無料。
 チケットを市内各区民文化センターをはじめ、アルパーク天満屋などで取り扱っている。
 問合は、同文化財団文化事業部TEL(082)244・0750。
     ◇
 プレゼント
 西広島タイムスでは、第38回広島市新人演奏会招待券(公益財団法人広島市文化財団提供)をペア3組6人にプレゼントします。
 希望者は、はがきに住所・氏名・電話番号を書いて〒730─0812広島市中区加古町4─17(公財)広島市文化財団事業課 西広島タイムス「広島市新人演奏会招待券」係へ。応募者多数の場合は、抽選。
 応募締め切りは5月18日(木)必着。当選者にのみ、同財団から通知します。
 集めた個人情報は、抽選発送以外には使用しません。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成29年8月11日 第1464号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー