スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

鉄人大会で自衛隊協力 所山で通信テスト実施 みやじまトライアスロン

2017年06月09日
バイクコースとなる所山の各所で、地図で場所を確認しながら通信をチェックした 
 【廿日市市佐伯】廿日市市で25日(日)にある「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会」を前に2日、陸上自衛隊第46普通科連隊と大会実行員会が協定書を締結した。バイクコースの所山で携帯電話がつながりにくく通信手段の協力を得るため調印を結んだ。同日には同隊本部管理中隊14人が実際に所山で、無線のチェックをした。
 所山は、携帯電話がほとんどつながらず大会本部やボランティアとの通信を確保するため、1回目から陸上自衛隊と協定を締結している。「自衛隊の協力は欠かせない。協力がないと大会が成り立たないと言ってもいい」と改めて同大会事務局は、毎年の支援に感謝する。
 海田市駐屯地での締結式は、同隊の日髙正暁連隊長と同委員会の竹内昇大委員長が協定書に締結した。
 所山では、頂上付近に無線中継車を置いた。さらに通信機器を持った隊員を7カ所に配置。隊員は、バイクで一気に下る選手の視界に飛び込まないよう目立たない場所を探り、電波の状態をテストした。
 25日(日)の大会当日には、隊員や無線中継車を4、5台ゴール付近の本部や展望台、魅惑の里入口などに配置する予定という。

スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成29年11月17日 第1477号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー