宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

キラキラ輝くレディース

2017年08月11日

「将来は犬の行動学を学んだスタッフがどの施設にもいる体制を整え、犬を飼う前に飼い主が学ぶことのできる制度も普及したい」。
DogHouse・かのん  PetHotel La-suite代表 住吉 孝予さん
「人に笑顔幸せのため」

 トリミング&ペットホテルを阿品台に、さらに桜尾本町にもホテルをオープンした。自ら「犬おたく」と自称するほど大好きなペットに囲まれ、周りからは「天職」、仕事というより「ライフワーク」として楽しんでいる。
 八年前の36歳の時。会社に勤めていたが、親の入院をきっかけに将来の介護を見据えた時、会社勤めでは難しいと思い一念発起し起業した。子どものころから動物が好きでペットに囲まれて過ごし、夢に獣医を描いたこともあるほど。30歳の時にトリマーの資格を取得していたことも後押しした。飼い主が旅行する際のペットを残し後ろ髪を引かれる思いを解消し安心して預けることのできるホテルを目指しオープンした。
 特に力を入れているのが人材育成。「ペットは物ではなく大事な家族」。命を預かるスタッフの教育には力を入れている。自身も、四年前から最新のイヌの行動学を学んでいる。「ペットショップでは鳴いても仕方ないと思っていた」がさまざまな知識を学び、心地良い環境を与えたことで、室内は鳴き声がほとんどなく静かそのもの。
 オーナーとは別の顔もある。広島を拠点に活動する女性ユニット「悪女時代」のメンバーの1人として活躍している。結成二年目の時、笑顔で頑張る姿に触発され加入。「自己改革が始まった」と現在、ライブやテレビ出演し、笑顔と元気を送っている。
 モットーの一つに掲げるのが「喜働」。「喜んで働く」はもちろんだが、「喜んでもらうために働く」とも。何より根底にあるのが、「だれかの笑顔のために。幸せになってもらいたい」。ペットに愛情いっぱいの眼差しを向ける。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年10月13日 第1472号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー