一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

東京五輪 メキシコ選手事前合宿 廿日市市は3競技決定

2017年09月08日

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けメキシコ五輪チームが広島県内で事前合宿することが決まり、受け入れ先10市町が発表された。地元廿日市市は、市スポーツセンターで柔道・空手・バスケットボールに決まった。同市では受け入れ体制など検討しながら市民と気運を盛り上げたいという。
 同市では、3競技に加え野球・ソフトボール・バレーボール・バドミントンで受け入れの意向を示していた。5月25日にはメキシコオリンピック委員会3人が同センターを視察。誘致に向けPRした。
 同市は「現地を視察していただいたのは大きかった」と選ばれたことを喜ぶ。今後に向けては「受け入れや応援体制など関係機関と協力し協議したい。スポーツだけではなく文化・国際交流事業を企画し選手と子どもたちが触れ合える催しも考え、市民と一緒になり気運を盛り上げたい」と話している。
 競技団体も期待を寄せる。同市柔道連盟の大野国治会長は「日本はもとよりメキシコにも頑張ってもらえるよう全力でバックアップしたい。地域にとっても柔道の機運が高まる機会になる」と協力する姿勢を見せている。
 広島市は、広島広域公園がサッカー・テニス、総合屋内プールでシンクロナイズドスイミング、県立総合体育館で体操、中区スポーツセンターでボクシングが選ばれた。
 広島県によると、10月以降に個別の競技団体が視察に訪れ、来年度以降、順次、県内で事前合宿するという。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けメキシコ五輪チームが広島県内で事前合宿することが決まり、受け入れ先10市町が発表された。地元廿日市市は、市スポーツセンターで柔道・空手・バスケットボールに決まった。同市では受け入れ体制など検討しながら市民と気運を盛り上げたいという。
 同市では、3競技に加え野球・ソフトボール・バレーボール・バドミントンで受け入れの意向を示していた。5月25日にはメキシコオリンピック委員会3人が同センターを視察。誘致に向けPRした。
 同市は「現地を視察していただいたのは大きかった」と選ばれたことを喜ぶ。今後に向けては「受け入れや応援体制など関係機関と協力し協議したい。スポーツだけではなく文化・国際交流事業を企画し選手と子どもたちが触れ合える催しも考え、市民と一緒になり気運を盛り上げたい」と話している。
 競技団体も期待を寄せる。同市柔道連盟の大野国治会長は「日本はもとよりメキシコにも頑張ってもらえるよう全力でバックアップしたい。地域にとっても柔道の機運が高まる機会になる」と協力する姿勢を見せている。
 広島市は、広島広域公園がサッカー・テニス、総合屋内プールでシンクロナイズドスイミング、県立総合体育館で体操、中区スポーツセンターでボクシングが選ばれた。
 広島県によると、10月以降に個別の競技団体が視察に訪れ、来年度以降、順次、県内で事前合宿するという。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年9月15日 第1468号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー