行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

広島Dフライズ開幕目前 JR新井口駅前にパネル 西区役所が「地域で応援」

2017年09月29日

Bリーグ開幕を心待ちにしているファンでにぎわった
 【西区】活気あふれるまちづくりを目指すと同時に男子プロバスケットボールBリーグ2部・広島ドラゴンフライズ(広島市中区八丁堀、浦伸嘉代表取締役社長)を応援しようと同市西区役所(塩山慎二区長)が26日、JR新井口駅(同区井口1丁目)とアルパーク東棟(同区草津新町2丁目)ペデストリアンデッキを結ぶ通路にパネルを設置し、お披露目式を開催した。同チームの全選手、地域の人々、花をモチーフにした鮮やかなデザインのパネル24枚が無機質な空間を彩った。同チームのファンは応援している選手のパネルの前で記念撮影をして楽しんでいた。
 JR新井口駅は同チームのホームアリーナ・広島サンプラザホール(同区商工センター3丁目)の最寄り駅だ。式に参加した坂田央選手は「会場に来るときはぜひこの通路を通って」とアピール。自身のパネルについては「髪型が決まっていてお気に入りです」と照れ笑いした。
 デザインを広島国際学院大学の学生らが担当した。3年の山本千晶さんは、同チームと地域が一つになり、地域の応援が花開くことを願ったという。塩山区長は「パネルは西区の元気の源であるスポーツと花の躍動感が表現されている。訪れた人を温かく迎えてくれる」と喜んだ。
 同チームの浦社長が大きさと迫力を意識したというパネル1枚のサイズは、横1020?、縦1570?。「バスケは選手と観客の距離が近いスポーツ。この通路でも近さを実感して」とPRした。
 当日はBリーグの大河正明チェアマンも同席。「2部のチームが1部に食らいつくことでリーグ全体の底上げにつながる」と、同チームの活躍に期待を寄せた。
 同チームの開幕戦は10月2日(月)午後7時~と3日(火)7時~。同ホールで福島ファイヤーボンズと戦う。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成29年10月13日 第1472号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー