イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

15日に愛護のつどい 動物触れ合い心育む 宮園小で

2017年10月06日
 【廿日市市】「どうぶつ愛護のつどい」が15日(日)、廿日市市立宮園小学校(同市宮園1丁目)である。命を考える講演会やトークセッション、クイズ、しつけ教室などあり「動物との触れ合いを通して動物愛護の心を育んでもらえたら」と来場を呼び掛けている。午前10時〜午後3時。入場無料。広島県・同市・公益社団法人広島県獣医師会主催。
 体育館で開会式。「どうぶつとわたし」をテーマに市内の小学3年生が描いた「どうぶつ愛護絵画コンクール」の表彰式がある。会場では受賞作36点ほか211点の力作を見ることができる。体育館では、吉和神楽団の迫力ある演舞にバルーンアートもあったり。
 午後1時〜はイヌの殺処分ゼロを目標に活動するNPO法人SPICA・山下育美さんの講演会「いのちの教室」。同半〜は山下さんに加え、実家でも多数の動物を飼っているタレント・さいねい龍二さん、シンガーソングライター・渕上里奈さんとの動物愛護トークセッションがある。
 屋外では、午前11時・午後1時40分の「ワンちゃんふれあい広場」で約10頭の子イヌと遊ぶことができる。午後0時半・2時半には宮島水族館のフンボルトペンギン2羽が登場。動物ものしりクイズラリーでは犬猫編とその他動物編でそれぞれ10問用意し、賞品もある。イヌのしつけ方で悩んでいる人は午前10時・午後1時の相談&教室へ。同会佐伯支部の相談会は随時受け付けている。正午・午後2時の警察犬・家庭犬模範演技は、「妙技に感動」と見所の一つ。
 当日は、牛乳・アイスクリームの試飲・試食コーナーもある(数量限定)。
 問合は、広島県動物愛護センター☎(0848)86・6511。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成29年10月13日 第1472号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー