宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「平和の未来」15点を表彰 中学生がポスターで表現  廿日市ライオンズクラブが今年も

2017年10月06日
自分たちの思い描く「平和の未来」をポスターで表現した入賞者


 【廿日市市】廿日市市の廿日市ライオンズクラブ(細川基会長)が市内の中学生から募集した平和ポスターコンテストの表彰式を9月28日、同市商工保健会館で催した。市立廿日市・七尾・四季が丘・野坂中学校生徒から寄せられた495点の応募作品の中から15点の入賞作品を表彰。子どもたちは緊張した面持ちながら時折笑顔をこぼし賞状と記念品を受け取った。
 コンテストのテーマは「平和の未来」。式で細川会長は「世界でいろんな問題が起きているからこそ、みなさんのような若い人が平和について家族や友達と語ってもらえれば平和の未来がきっと来ると感じた」とコンテストの意義を話した。
 同クラブ会長賞を受賞したのは、昨年、委員長賞だった白水侑莉さん(七尾中3年)。万国旗や折り鶴をデザインし、中央の巨大な砂時計の上側には戦争の惨禍を、下は緑の中で人々が談笑している様子を描いた。砂時計は上から下に落ちることから、戦争が起きても必ず平和へと変わっていくことを表現したそうだ。白水さんは「全世界の人が望めば平和が実現することを伝えたかった」と思いを絵に託している。
 1年生の作品から選んだ国際平和ポスターコンテスト・エントリー賞は西口愛子さん(廿日市中1年)。広島県全体の336︱C地区選考会にエントリーすることが決まった。
 そのほかの入賞者は次の通り(敬称略、()内は校名と学年)。
 《委員長賞》小山花音(野坂1)
 《学年賞》一年生の部=坂井峻大(廿日市)、二年生の部=伊森杏瑚(七尾)、三年生の部=藤川結里愛
 《特別賞》レインボー賞=板尾香織子(廿日市1)、地球は家族賞=炭野敬子(同)、平和にはばたけ賞=山崎沙恵(野坂1)、ファンタジー賞=岩瀬由佳(七尾2)、がんばって賞=隅廣彩実(同)、平和の花を咲かせま賞=末永優和(四季が丘2)、ハートフル賞=大杉咲綾(同3)、平和への芽ばえ賞=亀井蒼巴(同)、世界平和賞=松阪依美里(同)

宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月15日 第1481号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー