宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

あっぱれ熟年放送終了 30日最終回スペシャル 広島ホームテレビ

2017年12月15日
 広島ホームテレビが毎週土曜日午前9時半から放送している「あっぱれ!熟年ファイターズ」が30日(土)、放送を終了する。
 最終回前の特集として16日(土)に、MCのナベさんこと渡辺弘基さん(元広島東洋カープ投手)と松本裕見子さんが、死ぬまでにもう一度食べたい絶品グルメを紹介する。
 30日には、ナベさん繁盛記として渡辺さんの波乱万丈の人生を振り返る。カープ黄金期を支えた元カープ選手も登場する二時間十五分の最終回スペシャル。
 同番組は、広島の熟年にもっと元気になってもらいたいと、2009年4月にスタートした。グルメ・大人旅・昭和さがし・趣味・健康・歴史など熟年ならではの切り口で、熟年だけでなく熟年予備軍も必見の番組へ成長した。
 昭和の古い地図を見ながら当時をたどる「昭和さがし」や、長い歴史を持つ会社や店の秘話を紐解く「広島老舗物語」は、長く愛されるコーナーとなった。
 番組プロデューサーは、印象に残った西広島地区でのロケとして、10年2月放送の「昭和24年の地図で痕跡探し~草津界隈」と、11年7月放送の「広電宮島線の沿線を巡る100回記念SP」を挙げる。
 地図で痕跡探しでは、草津にあった魚市場の当時と現在の場所の違いや、以前海だった名残、小泉酒造の歴史などを紹介した。
 100回記念SPでは、かつてあった楽々園遊園地の戦争秘話、西国街道の別れの茶屋のいわれや、宮島での「金アナゴ」釣りなど、広電宮島線沿線の歴史や魅力を伝えた。
 「懐かしさではなく、被爆後の広島の復興、みなぎる力、その時代に生きていた人々の熱い思いを感じることができた」と振り返る。
 過去に放送した同番組のバックナンバーは、ホームページで見ることができる。
 問合は、広島ホームテレビ総合編成局メディアデザイン部TEL(082)221・9885。 
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年7月20日 第1509号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー