地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

改名し初の卸街まつり 焼き立てパンにも行列 商工センターで

2017年12月15日
            多くの人で会場はぎっしり
 【西区】卸問屋の集まる広島市西区商工センター2丁目で2日・3日、「卸街まつり─つながるフェスティバル」が開催された(協同組合広島総合卸センター主催)。問屋ならではの品ぞろえと価格の「ほりだしもん市」「うまいもん市」や県内三十店舗の集った「バンフェスタ」などに訪れた買い物客で通りが埋まった。
 昨年まで12回にわたって親しまれた「A・G・T祭」(アジト祭)を改称した。
 3日は、開場直後から大勢の人でにぎわった。衣類や雑貨、食品に日用品…。多くの店の前が、安売りを告げる声に誘われた人でぎっしりだった。
 目玉の一つ「パンフェスタ」は、焼き立てパンがずらり。すぐに行列ができ、途切れることがなかった。
 毎年恒例の当たりつきもちまきも、変わらぬ人気。主催者が壇上からまくもちに多くの人が手を伸ばしていた。
 太鼓演奏などの催しもにぎやか。「アンコール」の声に応えて演奏を披露していた。
 縁日コーナーも子どもたちを中心に行列。射的の的に「当たった」「惜しい」と楽しそうだった。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成30年4月20日 第1497号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー