行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

広島県議会議長

2018年01月01日

山木靖雄
県民視点の政策提言
監視機能さらに発揮
 新年明けましておめでとうございます。
 皆様方には、希望に満ちた清々しい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 この度、歴史と伝統ある広島県議会の第66代議長に就任いたしました。
 引き続き、ご指導をよろしくお願いいたします。
 年頭に当たり、県議会を代表して一言御挨拶を申し上げます。
 昨年を振り返ってみますと、我が国の経済は、長期にわたり景気回復を続けており、雇用・所得環境の着実な改善など地方経済が順調に推移する中で、県内の景気も全体として緩やかに拡大しております。
 また、37年ぶりにリーグ連覇を成し遂げた広島東洋カープの活躍は、県全体に大きな感動と賑わいをもたらしましたが、カープ連覇に伴う関連消費の拡大による経済効果は、350億円以上とも言われております。
 一方で、国際情勢に目を転じますと、昨年1月に米国のトランプ政権が誕生し、TPP(環太平洋経済連携協定)や地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱するなど、反グローバリズムへの政策転換が進められており、今後、世界経済への影響が少なからず懸念されております。
 また、依然として世界が核兵器の脅威に晒される中、私ども広島県議会は、昨年5月に欧州訪問団を派遣し、ウイーンで開催された核兵器不拡散条約・NPT運用検討会議の準備委員会に参加し、核軍縮、核不拡散が更に進んでいくよう訴えてまいりました。
 県議会におきましても、知事と連携してさまざまな課題に取り組み、県民の皆様の視点に立った政策提言や監視機能を発揮し、活気あふれる広島県の実現に全力を尽くして参りますので、本年も相変わらぬ御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、新年の御挨拶とさせていただきます。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年4月20日 第1497号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー