スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島街道を疾走 住民の声援熱く ひろしま男子駅伝

2018年01月26日

沿道からの声援を受けて力走する広島県チームの伊豫田選手(左)
 「天皇盃第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」=ひろしま男子駅伝が21日、地元宮島街道を中心にあった。
 優勝は埼玉県。地元廿日市市出身の伊豫田達弥選手(舟入高校)を擁する広島県は12位に終わった。
 当日コース沿道には、住民や選手関係者が選手に声援を送った。
 廿日市市の宮島口ロータリーで市女性連合会大野支部が豚汁やぜんざいなど振る舞った。広電楽々園駅近くでは、楽々園公民館の呼び掛けで集まった住民約20人が手作りの応援グッズを振り走者を後押し。広島市の西区役所前では、区内各公民館のゆるキャラが集い、長さ約100mの横断幕を掲げ声援を送るなど、にぎわいに一役買っていた。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー