行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

広島市議会 定例会で81議案上程 湯来町の土壌調査など

2018年02月23日
 広島市の平成30年第1回定例会が15日、開会した。会期は、3月27日(火)までの四十一日間。6509億6794万7千円の新年度一般会計当初予算案をはじめ24億7673万5千円を追加する平成29年度一般会計補正予算案など81議案を上程した。5件を報告した。
 地元関係議案では、佐伯区湯来町大字麦谷の道路改良工事の契約締結案が挙がっている。幅員7・5m延長2797・28mの改良工事で、金額は約32億円。恵下埋立地(仮称)の鉛による土壌汚染状況調査などを追加するため94億7467万2600円の建設工事請負金額を、97億3363万8240円に変更する契約締結案もある。
 広島湯来線麦谷2工区道路改良工事で、同埋立地の取付道路との交差部の変更などに伴い9億1044万円から9億3938万8320円に引き上げる報告をした。
 20日︱22日には、総括質問があり、地元選出議員も登壇し、市の施策など聞いた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年6月15日 第1504号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー