イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

あすなろが三十周年 記念コンサート30日 さくらぴあにコーラス響かす

2018年03月09日

本番に向けて仕上げの練習に励むメンバー
 【廿日市市】廿日市市の市内コーラスグループ「あすなろ」(曾利田小夜子代表)が設立三十周年を記念したコンサートを30日(金)、はつかいち文化ホールさくらぴあ(同市下平良1丁目)で開く。2日にはリハーサルを実施。平均年齢79歳の団員らは晴れ舞台を前に気持ちを高めている。
 「あすなろ」は1988(昭和63)年に「歌うことが好き、歌を楽しむコーラス」を合い言葉に約70人で結成した。地域の催しや毎年恒例の市民合唱祭などに出演し、歌声を披露している。現在は結成当初のメンバー10人を含め19人。「楽しく笑顔」を基本理念に同市中央市民センターで毎月2回練習している。
 リハーサルでは、入退場の歩き方や立ち位置、目線、声の響き具合などを確認した。実際の衣装をまとい、当日のプログラムを一通り歌い、本番に備えた。
 今年、「原爆の子の像」も設立三十周年の節目を迎える。コンサートでは「折り鶴のとぶ日~原爆の子の像によせて~」なども歌う。ソプラノ担当の吉田久美子さん(84)は原爆投下の日を振り返り「平和のありがたさや犠牲者への鎮魂の気持ちを込め歌いたい」と練習に励む。
 コンサートは午後1時開場し同半に開幕する。プログラムは4部構成で、合唱や独唱のほか、バイオリンやオカリナなどの演奏もある。閉幕は午後3時半を予定。入場は無料。
 駐車場に限りがあるため公共交通機関の利用を呼び掛けている。
 「あすなろ」は随時、団員を募集している。詳細については問い合わせて確認を。
 コンサートと募集についての問合は、あすなろTEL(0829)34・9051中間さん。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年6月15日 第1504号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー