行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ポプラ草津南店
特殊詐欺を防ぐ
広島西署が感謝状贈る

2018年03月09日
特殊詐欺被害の発生を防いだポプラ草津南店の白川さん(右端)と佐々木さん(右から二人目)に感謝状を冨原署長が手渡した
 
 【西区】架空請求詐欺の被害発生を食い止めたコンビニエンスストア・ポプラ草津南店(広島市西区草津南2丁目)を広島西署(冨原政成署長)が表彰した。5日、同区商工センター4丁目の同署で、冨原署長が同店従業員・白川光子さんと佐々木国久さんを招いて感謝状を手渡した。
 同署によると2月7日、来店した60歳代の男性客が電子マネーギフト券の購入方法などを白川さんに尋ねた。白川さんがギフト券購入の事情を聞いた。男性が「一年前の有料コンテンツの料金29万円をきょう中に支払わないと訴えると言われた」と打ち明けた。
 詐欺だと判断した白川さんが佐々木さんの協力を求めた。佐々木さんは、相手と通話中だった男性客に電話を切るよう伝えた。男性が電話を切ろうとすると相手が「電話を切ると訴える」などと脅してきたという。
 白川さんと佐々木さんが、電話を切って不安そうだった男性にカード購入を思いとどまらせて、近くの草津交番に行くよう勧めた。男性は、同交番で警察官に事情を話してやはり詐欺だったと納得し、ホッとした様子で再び来店したそうだ。
 表彰状を受け取った白川さんと佐々木さんは、「食い止めることができて良かった」と口をそろえた。表彰状を店のスタッフルームに掲示するなどして、従業員の詐欺防止の意識をさらに高めたいと話していた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年5月18日 第1500号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー