宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

草津の特産品に集い笑顔
かきやもみじ天、地酒も
マグロ解体ショーもにぎやか

2018年03月16日
 
来場者がさまざまな店に列を作り、草津の魅力を味わった
 
 【西区】かき・練り製品・地酒など広島市西区草津の特産を広く紹介・販売する「草津うまいもん市場」が11日、草津公民館と隣接する公園であった。家族連れなどを中心に多くの人が訪れ、マグロ解体ショーを見てさばいた身を購入したりもみじ天をかじって酒を飲んだりと草津の魅力を楽しんだ。住民グループ・草津まちづくりの会と同公民館などでつくる実行委員会主催。
 草津は、古くから漁業のまちであり、かまぼこやがんすなどの練り物作りも盛んだった。江戸期のかき養殖発祥の地としても知られている。江戸時代創業で嚴島神社に神酒を納める小泉本店(株)酒蔵が今もある。
 市場会場では、殻付き焼きがき実演やもみじ天などの前に行列ができた。テントの下では、買い求めた特産品やうどんなどの軽食、酒をテーブルに並べて家族で味わう人たちが続いた。
 毎年人気のマグロ解体ショー。来場者は、職人の見事な包丁さばきを見た後、次々に切り身を買っていた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー