宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

峰高町内会が集会所移転新築 バリアフリー化し活動充実へ 落成式典で完成祝う

2018年03月23日

避難訓練会場の峰高台第一公園隣りに移設した峰高集会所
 【廿日市市】廿日市市の峰高町内会(高橋宣行会長)が峰高集会所建て替え工事完了を記念し10日、落成式典を新築した集会所(同市峰高2丁目)で開催した。眞野勝弘市長や宮内地区の各町内会長、建設関係者など約40人が出席。完成を祝うとともに団地の一層の活性化を期待した。
 同集会所は敷地面積440・11㎡、延べ床面積は旧集会所より約1・7倍の107・65㎡。木造平屋建てで、地元5町内会の避難場所に指定している海抜約13mの峰高台第一公園隣りに建てた。内装は無垢の床板に白色を基調とした集会室のほか、新たに和室や多目的トイレ、手すりなど設置。各部屋の段差をなくし、玄関にはスロープを設けるなどバリアフリー化した。屋外外壁には非常用シャワーを後付けできるよう配管を通すなど災害時を考慮し設計した。
 旧集会所は昭和51年の峰高団地造成とともに団地北側に建築し、今年で築四十二年目。地元の老人会や住民団体の活動拠点として週四―五日使用し、毎年地元の祭り会場としても活用してきた。建物の老朽化や団地住民の増加に伴い集会所での町内活動が手狭になってきたことから同町内会は建て替えを検討していた。同公園隣りの峰高下水処理場跡地の売却を知り、平成26年に集会所の移設要望書を市へ提出。同28年度には宝くじ助成金を得るため、認可地縁団体の申請し町内会を法人化。同助成金と市の補助金、町内会で約二十年間積み立ててきた資金で移設新築した。
 野田隆弘副会長は「避難訓練や地域の祭り会場として活用する公園の隣りに施設があると、活動をする上で何かと便が良い。竣工を機に集会所を利用する住民団体が増えるとも聞いている。皆が平等に利用できるよう努めていきたい」と話している。 
 落成式では、地元グループが民俗舞踊「エイサー」を披露したり、乾杯で祝杯を挙げたり。一同は歓談を交えながら新たな施設の今後の活用方法などを話し合っていた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年7月13日 第1508号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー