医療

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「嗜好品の成分に注意を」 食生活見直すきっかけに 廿日市記念病院で講座

2018年03月30日

管理栄養士から普段の食生活の注意点など聴いた
 【廿日市市】社会医療法人清風会・廿日市記念病院(廿日市市陽光台5丁目)で22日、地元住民を対象にした「地域まるごと健康づくり講座」があった。参加者23人は同病院の管理栄養士から菓子やパンなどの嗜好(しこう)食品に含まれる成分や摂取する際の注意点などを聞き、食生活を見直した。
 同病院が、地元住民の健康寿命向上を目的に昨年10月から開催してきた食事に関する無料講座の最終回。
 当日は、クッキーやチョコレート、スナック菓子など市場に出回る実際の商品を例に、菓子に含まれている糖分や脂質、カロリーなどを解説。バターや牛乳などの原材料に含まれる油分量と同量の油が入ったビーカーを見せた。参加者の想像以上に多かったようで「(油だけだと)飲めないのに菓子なら食べることができるのが怖い」と、驚きの声を上げていた。
 前回の講座から引き続き受講した町田紀代さん(同市阿品、77)は「根拠も分からず体に良いと思っていた食事方法など専門家から詳しく学べることは勉強になる」と、地元サロンへの出前講座を要望するほど、満足していた。
 同病院の新山毅事務長は「参加者へのアンケートで認知症やリハビリなどにも関心があると分かった。ニーズに応え、今後も地域の健康増進に寄与していきたい」と、5月に「知っておきたい認知症の基本」をテーマに講座を開く。
 講座についての詳細は問い合わせて確認を。
 申込・問合は、同病院TEL(0829)20・2737。
医療ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年4月20日 第1497号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー