宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

佐 伯 区 2団体2個人に地域活動賞 二十周年の彩響 表彰励みに

2018年04月06日
彩響のメンバーらが区役所を訪れ、表彰を受けた
 【佐伯区】広島市佐伯区は、地域コミュニティーの振興やまちづくりに功績のあった2団体2個人に「平成29年度地域活動賞」を贈った。3月23日には区役所で受賞団体の1つ、彩が丘太鼓彩響のメンバーが、建部賢次区長から賞状を受け取り、今後の活動にさらに意欲を見せていた。
 同賞は、区民や団体の自主的な地域活動や日常での身近な善行などに対し表彰している。
 彩響は、1998(平成10)年に結成し、今年で二十周年。91(同3)年に竣工したばかりの若い団地だったこともあり、日本の伝統和楽器を通して親ぼくを深めようと三世代交流をモットーに立ち上げた。現在、メンバーは小学2年生︱60歳代の約20人。毎週土曜日、彩が丘公民館でバチを握り練習する。団地のまつりに出演したり、老人ホームにボランティアで演奏している。17歳の時に彩響に入ったのをきっかけに和太鼓の魅力に取り付かれた向井駿介さんは、プロ奏者として活躍している。
 代表の杉山由美さんは「二十年ずっと続けられたのは町内会や皆さんの支援があったから。これからも子どもたちに太鼓をしていたことを覚えていてもらえるよう活動していきたい」。和太鼓を通じ青少年の育成と地域コミュニティーに貢献し、彩響として初めての表彰を今後の励みにしていた。
 ほかに発足二十周年の「コイン通り街づくり委員会」が同賞を受賞。個人では、合併前から佐伯区役所湯来出張所の清掃や草取り、花を植えるなど環境美化に貢献した人。母親の活動を引き継ぎ区役所ロビーに生け花を飾り来庁者の心を和ませてきた人を表彰した。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー