宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

さくら賞3人に盾授与 サロン経営者や 書道受賞者など

2018年04月06日
受賞した生川さん(中央)と田賀さん(右)
 【廿日市市】教育や文化、スポーツなどの分野で、生涯学習推進に貢献した人・団体を表彰する「平成29年度はつかいちさくら賞」の表彰式が1日、昭北グラウンド(同市木材港北)で開催された「はつかいち桜まつり」であった。受賞者3人のうち出席した市内在住の生川加代子さん(74)と田賀こはるさん(受賞当時、市立宮内小5年)に眞野勝弘市長が盾を手渡し功績をたたえ活動の継続や一層の活躍を期待した。
 生川さんは、高齢者向け「縁側サロン」を平成12年に同市佐方地域に開所。毎週1回開催し同30年3月には873回目を迎えた。今では母子のだんらんの場にもなっている。生川さんは「協力してくださった皆さんの賞として」と感謝を述べた。
 田賀さんは、平成29年度第67回全日本学生書道展小学部上級で学会大賞、第70回県児童生徒書道展で県知事賞に輝いた。「さくら賞を励みに今までやったことのない行書や苦手なことへ挑戦していきたい」と意気込んだ。
 当日欠席した受賞者・中村奨成さん(同、広陵高校野球部3年)については、平成29年の夏の甲子園で1大会最多本累打数更新やカープ入団など話題性に富み地域活力向上に貢献したとして賞を授与。盾は後日、贈る予定だ。

宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年7月13日 第1508号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー