募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市の市制三十周年 市民祝祭ステージ5月 歌い踊りシンポジウム さくらぴあで

2018年04月13日
 【廿日市市】廿日市市が今年4月で市制施行三十周年を迎えたのを記念し「市民祝祭ステージ」が5月20日(日)に、はつかいち文化ホールさくらぴあ(同市下平良1丁目)である。地元出身の歌手や団体の歌や踊りに管弦楽演奏、文化を語り合うシンポジウムなどで節目を祝う。入場無料。観覧者を募集している。公益財団法人廿日市市芸術文化振興事業団主催、同市教育委員会共催。
 午後2時に開演。さくらぴあ市民オペラ管弦楽団や廿日市混声合唱団、県立廿日市西高校ダンス部、昨年12月の第11回みんなの童謡歌唱フェスティバル上位入賞者が舞台に上がる。同市立地御前小学校は総合的な学習の時間を通し学んだ「地御前に生きる」をテーマに地域の良さや人々の思いを歌に乗せる。同市出身のシンガーソングライター香川裕光さん、同じく歌手・花岡なつみさんも出演し節目に花を添える。
 続いて文化シンポジウム。音楽家・松本憲治氏をコーディネーターに、シンフォニア岩国の若林英樹館長、三原芸術文化センターポポロの作田忠司顧問、都市計画家の松波龍一氏、同事業団の濵本恵康理事長のパネリストが「廿日市市の文化の明日」をテーマに語る。
 来場希望者は、往復はがきに住所・氏名・電話番号・入場希望人数(1人か2人)を記載し、〒738︱8509はつかいち文化ホールさくらぴあ「市民祝祭ステージ係」まで送付する。返信あて名面には参加希望者の住所・氏名(様)を記入する。はがき1枚で2人入場可能。締め切りは、4月27日(金)必着。
 問合は、さくらぴあ☎(0829)20・0111。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー