募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.25発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

介護の基礎研修 5月から講座も 廿日市市で

2018年04月20日
 【廿日市市】廿日市市は訪問介護などの資格を持っていない人を対象にした「廿日市市介護予防・生活支援員養成研修」と、有資格者の仕事復帰を促す「介護のお仕事「きっかけ講座」」の受講者を募集している。同養成研修修了者には市内で要支援1・2認定者などの生活援助訪問サービス従事に必要な修了証を交付。同きっかけ講座受講者には仕事体験を通して介護職復帰の足がかりにしてもらう。受講料はどちらも無料。
 養成研修は、講義・演習が5月9日・16日・23日・6月13日の各水曜日午前10時~午後2時45分。実習が5月24日から6月12日までの期間に2回、計四時間程度を見込んでいる。
 初日は、同市の高齢者介護サービスや生活支援活動の実状、コミュニケーションの目的や役割など基礎知識を学ぶ。16日は老化に伴う味覚や嗜好(しこう)、栄養バランスの変化など。17日は認知症の症状・心理や高齢者の生活課題などを知る。最終日は緊急時の対応などを学ぶ。
 研修場所は、同市下平良1丁目のさくらぴあと同市役所など。
 定員は20人で指定事業所の推薦者を優先する。申し込みは電話で受け付ける。
 きっかけ講座は、同養成研修の講義を選択受講できるほか、6月―7月に訪問介護やデイサービス、デイケアの指定事業所で体験実習する。定員はない。
 受講希望者は指定の申込書を記入し廿日市高齢者ケアセンターに送るかファクスする。
 応募締め切りは、どちらも5月2日(水)。
 詳細は、問い合わせて確認を。
 申込・問合は、同ケアセンターTEl(0829)36・2552。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年5月25日 第1501号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー