行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.25発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

土砂災害マップを作成  避難場所や経路も掲載  石内地区と美鈴が丘学区で

2018年04月20日
避難場所や避難経路など記した石内地区と美鈴が丘学区のハザードマップ
 【佐伯区】広島市佐伯区が、石内地区と美鈴が丘学区の土砂災害ハザードマップを作成した。早めの避難を心掛けてもらおうと、土砂災害の恐れのある区域をはじめ避難場所や経路など掲載している。
 両マップともA2サイズ、オールカラー。土砂災害や地震が起きた際の指定緊急避難場所、集会所など地域の集合場所までの避難経路を載せている。土砂災害警戒区域を黄色で、土砂災害特別警戒区域を赤色で区分け。気象情報の入手方法など記載している。石内地区では約1900部、美鈴が丘学区は約4400部を作成した。町内会を通して各戸に配布すると共に、地元各公民館に設置している。
 土砂災害マップは、1999(平成11)年の「6・29豪雨災害」後、同区のほか安佐北・安佐南区で土砂災害防止法に基づき土砂災害警戒区域などが指定された地域で小学校区ごとに順次、作成してきた。今年度は、湯来西・湯来南・石内北学区でハザードマップを含めた防災マップを作成する予定。同区域のない五日市中央学区を除いた18学区全ての製作が終了する。
 同区地域起こし推進課は「(マップを通し)自分がどこに住んでいるか、土砂災害警戒区域にかかっているかなど知っておいてほしい。家族や地域で避難方法や経路を確認しておいてもらいたい」と活用を呼び掛けている。
 両マップの問合は、同課☎(082)943・9704。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年5月25日 第1501号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー