行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ヘリで渋滞監視 追突事故注意を 大型商業施設周辺

2018年04月27日
 【佐伯区】広島市佐伯区石内東4丁目の大型商業施設「THE OUTLETS HIROSHIMA」(以下、同施設)のオープンに伴い、一帯では交通量の増加が予想される。県内はもとより県外からも多くの来店が見込まれることから、県警でも商業施設開業としては初の試みとしてヘリコプターで上空から交通状況を把握し対策を練っていく。
 佐伯署交通課では、特に五日市インターチェンジや西広島バイパス、草津沼田道路に通じる南北の幹線道路でもある県道71号線で激しい渋滞が起きると予測。渋滞に伴い追突事故が増える可能性があると見る。「車間距離を取り、しっかりと前方の車を見て、時間に余裕を持ってゆとりのある運転をしてほしい」と喚起する。
 開業初日・二日目には、ヘリコプターを飛ばし状況の把握に努める。場合によっては同施設と連携し交通誘導員を増員したり、電光掲示板や道路交通情報センターへの情報発信などしていくという。「警察としてもできる限りの対策はしたい」と力を込める。
 同施設でもアルパークバスターミナルから無料シャトルバスを運行する(5月13日(日)まで)。広島電鉄とボン・バスを運営するエイチ・ディー西広島は、同施設の開店に伴い路線バスの運行ルートを一部改定・新設した。JR西広島駅や広島バスセンター、アストラムライン広域公園前駅各バス停などから同施設までの発着便を運行している(有料)。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年8月10日 第1512号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー