募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

地球環境探る公開講座 26日から広工大が開講 自然災害など学ぶ6講座

2018年05月11日
 広島工業大学(広島市佐伯区三宅2丁目、鶴衛学長)が環境問題や自然災害を題材にした公開講座を26日・6月2日・9日の土曜日、サテライトキャンパスひろしま(同市中区大手町1丁目)で開講する。「地球環境を探る︱環境変化、自然災害を知り、環境共生を考える」をテーマに計6講座で、同大学の教授などが最新の科学的知見や観測技術を紹介する。受講は無料。広く受講者(高校生を含む)を募集している。
 初日の「リモートセシング技術の現状」では、陸や海の大気の状態を調べるリモートセンシング技術の基礎や最新技術、応用事例を知ることができる。2講義目は「衛星データを活用した環境モニタリング」。陸域と水域の環境モニタリングの仕組みや応用事例、環境情報可視化システムを概説する。
 2日の「気候変化による氷河と大雨の変化」は、海面上昇につながる氷河縮小について最新の科学的知見や予測、ヒマラヤの洪水災害対策などを紹介する。「線状降水帯の発生のしくみと予測」は、広島豪雨災害など局地的大雨災害を発生させる線状降水帯に関わる現象や最新の予測技術を解説する2。
 9日は、生殖細胞が紫外線や放射線、重金属、化学物質などの環境ストレスにどのような仕組みで対処しているかを講義する「生殖細胞と環境ストレス」。続いて「大津波から蘇る海岸生態系の今」は、東日本大震災の津波に耐え再生した海岸生態系の防災・減災効果を生かした「人も生き物も守る」ヒントを紹介する。
 開講時間は各日午後1時〜2時半、2時40分〜4時10分。4講座以上受講した人には、修了証を発行する。
 受講希望者は、同大学のホームページ(http://www.it-hiroshima.ac.jp/lecture/)もしくは、電話で申し込む。定員は、各講座先着100人。
 駐車場はないので公共交通機関の利用を呼び掛けている。
 申込・問合は、同大学地域連携推進室☎(082)921・4222。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年8月10日 第1512号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー