行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

クマが出没「注意して」 廿日市市浅原と津田で目撃情報

2018年05月18日
 【廿日市市佐伯】暖かい気候につられて外出しやすくなったのはどうやらヒトだけではないようだ。8日に廿日市市浅原地区、9日に同市津田地区でクマの目撃情報が相次いであった。同市役所佐伯支所環境産業グループはクマの出没した辺りに看板を設置し、周辺住民に注意を呼び掛けている。
 同グループによると、今年4月から5月13日までのクマの目撃情報は同件の2つ。出没時期は例年通りで特に早くもないという。
 目撃情報のあった地区では、地元猟友会が動物駆逐用の花火を鳴らし、住宅街にクマが近付かないよう威嚇した。
 山菜採りや山歩きなどレジャーも盛んになる時期に向けて、山に入るときは鈴やラジオなど音の鳴るものを携帯するなどクマとの遭遇を避ける対策が必要だ。同グループは「広島県のホームページに「ツキノワグマの被害防除対策について」の説明が載っているので内容を確認してください」と勧めている。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー