イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

天気の疑問解決 体験や実験3日 江波山気象館で

2018年06月01日
 広島市江波山気象館で、6月1日の気象記念日に合わせて3日(日)午前10時~午後4時、気象記念日イベント「はれるんと学ぼう!お天気なぜ?なに?ひろば」がある。江波山気象館、気象庁広島気象台、一般社団法人日本気象予報士会広島県支部主催。当日は入館無料。
 気象予報士によるトークショー「大雨から身を守ろう!」(午前11時~・午後2時~)、扉にかかる水の力を体験できる浸水脱出体験、河川増水実験「大雨が降ったら川はふもとでどうなる?」、ミニ津波の実験装置などがある。大雨について体験したり実験を見たりして、子どもから大人まで分かりやすく学ぶことができる。
 気象衛星画像や天気図と自分の姿を合成した「ぼくも!わたしも!お天気キャスター」や、プレゼントのもらえるお天気クイズラリーもある。 
 同気象館担当者は「気象予報士のトークショーや浸水脱出体験はお勧め。親子で楽しみながら学んでほしい」と来場を呼び掛けている。
 来館には公共交通機関の利用を。
 問合は、同気象館TEL(082)231・0177。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー