イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「胃がんのこともっと知らんと」 検診から手術後まで医師が解説 さくらぴあで市民公開講座24日

2018年06月08日
 【廿日市市】JA広島総合病院と佐伯地区医師会、廿日市市が市民公開講座「もっと知らんと胃けんよ、胃がんの話。~検診から治療まで~」を24日(日)午後1時~4時、はつかいち文化ホールさくらぴあ(同市下平良1丁目)で開く。専門医などが検診から治療、手術後の生活まで、一連の流れを話す。入場無料。
 当日は、同市健康推進課の「胃がん検診 廿日市市の受診状況について」を皮切りに、たに内科クリニック・谷洋院長が「一度は受けてみよう~胃カメラの話~」をテーマに説明する。続いて、治療についてJA広島総合病院食道・胃腸内科・古土井明主任部長が胃がん内視鏡治療を、同病院消化管外科・杉山陽一主任部長が胃がん外科治療を解説する。最後は、手術で胃を切断した後の食事や生活などについて同病院栄養科・河本良美科長と、がん相談支援センター認定がん専門相談員・正畠忠貴さんが話す。
 定員は、先着1000人。来場者には記念品のプレゼントがある。
 駐車場は台数に限りがあるため、公共交通機関での来場を。
 問合は、JA広島総合病院地域医療連携室TEL(0829)36・3111。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年8月10日 第1512号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー