イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

厳島合戦と中山城跡を話す 県立広島大の秋山氏が16日 佐伯文芸クラブが友和市民センターで

2018年06月08日
 【廿日市市佐伯】廿日市市文化協会佐伯支部佐伯文芸クラブが文化講演会「厳島合戦と中山城 中山城跡から地域の歴史を考える」を16日(土)、友和市民センター(廿日市市友田)で開催する。県立広島大学名誉教授・秋山伸隆氏が同市河津原に残る同城跡をテーマに、佐伯地域の歴史を振り返る。廿日市地方区更生保護女性会佐伯支部と同市女性連合会佐伯支部共催。入場無料。
 秋山氏は、日本中世史の中で特に戦国大名・毛利氏と中国地方の地域史を研究している。地元「廿日市町史」の編さんにも参加し、1998年には「戦国大名毛利氏の研究」を出版。現在は同市文化財保護審議会委員や宮島歴史民俗資料館協議会委員など務めている。
 講座は午後2時~。厳島合戦の直前まで毛利・陶両軍の攻防の焦点だった「山里要害」の遺構と考えられている同城跡の重要性と、戦国時代に山里と呼ばれた佐伯地域の歴史を織り交ぜ話す。
 駐車場はある。
 問合は、佐伯文芸クラブ河井会長TEL090・7123・4252。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年8月10日 第1512号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー