イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

タイヤ滑りやカフェ用意
10日 老若男女遊びに来て
古江西町公園で

2018年06月08日
 【西区】「中学生と大人でつくる冒険あそび場 ワンダふるたパーク! 公園にあそびにおいで!」が10日(日)午前11時~午後3時ごろ、広島市西区の古江西町公園である。日頃公園にない遊具を設置したり、カフェを開いたりして幼い子どもからお年寄りまで楽しむことができる。主催の広島市西区古江地区のまちづくり住民グループ・多世代寺子屋ネットワークと古田公民館は多くの人の来場を呼び掛けている。参加費は無料。
 同市立古田中学校生徒と住民グループが、地域の多世代が集う場としての公園の在り方を考えている。パークは、毎年度4回程度開催を予定。自分たちで考えたさまざまな遊びやサービスを来園者に提供している。
 主に幼児や小学生向けが、冒険あそび場プレーパーク。公園の木と木の間に張ったロープに吊した滑車付きタイヤに乗って滑ったり、ジャングルジムに結び付けたビニールシートの上で転がったり。幼児もできる遊びなどもある。
 カフェは、コーヒーなどを提供。親子連れ保護者やお年寄りをはじめ、大人もくつろぐことができる。
 皿回しなどの大道芸コーナーは、毎回幅広い世代が熱中している。
 パーク開催は、地域に徐々に浸透しつつある。町内会や女性会など団体からも準備や運営への理解と協力が増えている。
 問合は、古田公民館TEL(082)272・9001。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー