宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

みやじまトライアスロンまで一カ月 宮島口にのぼり立て観光客にPR

2018年06月08日

宮島口桟橋にのぼり設置。はためく旗が観光客にも大会をPR
【廿日市市大野】「はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2018」開催まで残すところ一カ月になった1日、同大会実行委員会の地域活性化部会(徳原光治部会長)が廿日市市の宮島口桟橋にのぼり計12本を設置した。部会員など8人が立てたオレンジ色の旗が宮島観光者に7月1日の大会をPRしている。
 のぼりは、松大汽船フェリーとJR宮島フェリーの両桟橋に6本ずつ掲出。桟橋上で乗船を待つ人や下船者の視線を集めていた。
 当日は同桟橋のほか宮島桟橋、JR宮内串戸・阿品・廿日市・前空駅にも設置。すでに市内各地に約300本掲示し大会開催までに450本を掲げる予定だ。
 徳原部会長は「大会には市外から出場する選手もいる。のぼりで市の一体感を出し、地元民だけでなく観光客にも広く大会を周知し機運を盛り上げたい」と開催に備えている。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー