宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

女子高生殺人事件 9者の捜査協力 廿日市署が感謝

2018年06月22日

事件解決に向け協力した1市8社に廿日市署が感謝状を贈った
 【廿日市市】廿日市署(和田敏久署長)は2004年に発生した廿日市市下平良の女子高生殺人事件などの捜査協力した行政、企業・店舗など1市8社に感謝状を贈った。15日に同署(同市本町)で和田署長が各代表者に、18日には眞野勝弘市長に、それぞれ賞状を手渡した。
 感謝状を贈ったのは、ラジオ放送や車内アナウンス、大型ビジョン放映などで情報提供を呼び掛けた㈱FMはつかいちと広島電鉄㈱、㈱中村工社。広報用ポケットティッシュ作成などで協力した㈱エンタープライズSYSTEM21、情報箱設置やビラ配りなどの街頭活動に協力した㈱イズミゆめタウン廿日市と㈱サンリブマルショク上平良店、ザ・ビック宮内店、㈱フジのフジグランナタリーと廿日市市。
 15日に和田署長が各社代表に感謝を述べ「捜査に対する深い理解をいただき、それぞれの立場から支援・協力をいただいた。おかげで事件を解決し被害者と遺族の無念を晴らすことができた」と伝え、今後も治安維持に全力を尽くすことを誓った。
 ゆめタウン廿日市は開店した2015年から毎年数回、街頭活動の場を提供してきた。宇田豊支配人は「地域としてできることは少しでもさせていただきたいという思いで協力してきた。住民や警察、ご家族の地道で継続的な活動が実ったのだと感じる。今後も要請があれば協力していきたい」と話している。
 同事件は、04(平成16)年に発生。当時高校2年生だった北口聡美さんが刺殺され、駆け付けた祖母も刺され重傷を負った。今年18(同30)年4月に鹿嶋学容疑者を逮捕。5月に広島地検が殺人などの罪で起訴した。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年7月13日 第1508号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー