地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

光風舎の新館がオープン マンションらしいサ高住 医療連携も整い安心

2018年07月13日
 【廿日市市】JR宮内串戸駅から徒歩六分の場所に、サービス付き高齢者専用住宅光風舎の新館(廿日市市串戸4丁目)が1日、オープンした。西広島バイパスがそばを通り、近隣にはスーパーマーケットがある。デイサービス施設を併設し、串戸心療クリニックや訪問看護ステーション和みなど事業展開する医療法人社団友和会(同市峠)との医療連携も整っている。
 同館は、重量鉄骨造り3階建て。敷地面積1293・05㎡、延べ床面積1873・48㎡。2階、3階の居室は全部で単身用40室、2人用1室を備える。単身用1部屋の広さは14・76?だ。
 1階はデイサービス、事務所のほか、広さが単身用5部屋分以上あるリビングダイニングを設ける。テーブル席、ソファー席、カウンター席、仕切りの役割を持つ本棚など配置。住居者が一人でゆっくりくつろいだり、友人と語らったりして思い思いの時間を過ごすことができる。
 各階中央には開放的な談話室。ソファとローテーブルのほか、シンク、IHコンロの付いた住人用キッチンが3つずつあり、自炊を楽しむこともできる。各階の一番日当たりの良い部屋は窓を大きくし住人らが共有できるサンルームにしている。
 ?H・M・C光風舎の上野智恵美代表取締役は共有スペースのインテリアにこだわり「施設っぽさを無くし、ひとつのマンションのような暮らしを提案したい」と話す。
 利用料金は月々9万8000円~。食費は別で、一日3食利用の場合は月々3万1500円だ。
 「少しでも気になったら、まずは一度見に来てほしい」と、同社は随時見学を受け付けている。
 問合は、光風舎新館☎(0829)30・6006。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー