イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

29日宮島管絃祭 平安絵巻で彩る 今年は一時間早く

2018年07月27日
 【廿日市市宮島】西広島の真夏を平安絵巻で彩る嚴島神社(廿日市市宮島町)の「宮島管絃祭」が29日(日)、執り行われる。今年生誕九百年の平清盛が始めたといわれ、日本三大船神事の一つにも数えられている同祭。ダイナミックで優雅な祭が今年も宮島、大野瀬戸、対岸の地御前神社を舞台に繰り広げられる。
 今年の管絃祭は、例年より一時間程度、早く始まる。午後3時から発輦祭(はつれんさい)があり、御祭神が本殿を出御する。大鳥居前の儀の後、御座船が対岸の地御前神社へと向かう。同神社には7時20分ごろ着く予定。舳先を再び宮島へと向け、長浜・大元神社でそれぞれ祭典し大鳥居をくぐり、祭はクライマックスへ。狭い桝形に入り御座船を3回転しながら管絃を奉奏し、11時ごろ本殿に還御する。
 長浜神社では、戻ってくる御座船を出迎えるちょうちん行列がある。だれでも参加でき、7時半からちょうちんを配る。
 問合は、同神社☎(0829)44・2020。ちょうちん行列は宮島観光協会☎(0829)44・2011。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月14日 第1529号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー