宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

涼を求め 公園で水と戯れ

2018年08月24日


上からじゃぶじゃぶ池、彩が丘中央公園、四季が丘公園、新宮中央公園
 8月も残り一週間。まだまだ気温は30度を超え残暑が厳しいおり。地元の公園には水に親しむことのできる〝涼〟スポットがあります。夏休みも残りわずか、家族で楽しんでみては。水深は浅いとはいえ、遊ぶ際には水の事故には気を付けてください。

じゃぶじゃぶ池
(広島市西区己斐本町1丁目。駐車場無し)
 太田川放水路に架かる新己斐橋の下、西側河川敷にあります。長さは、ざっと50mといったところでしょうか。コンクリートで4段の段差が付けてあります。川の水を引き込む小さな水門がありますが、日頃は水が少なめ。濁っていますが、近付くと小魚が散っていきます。周囲には、サギやシギが羽を休めています。イベントも開かれることがあります。

彩が丘中央公園
(広島市佐伯区河内南1︱21。駐車場無し) 
 砂防河川の城六川が流れ、緑に囲まれ石が積まれ園庭のようで風光明媚な公園です。階段から降りることが水と戯れる子どもの姿も。

四季が丘公園
(廿日市市四季が丘3−12。駐車場有り)
 ポポロの森の愛称で親しまれている公園です。入口近くの広場には、時計塔やブールバールにつながるせせらぎがあります。船形の遊具もありゆったりと過ごすことができます。

新宮中央公園
(廿日市市新宮1丁目。駐車場無し)
 通称「けん玉公園」の名前の通り、市の特産品をモチーフにした複合遊具施設が人気の公園です。池には入ることができませんが、噴水のように吹き出て涼を感じることができます。東屋の前にはくるぶし程度の流れもあります。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー