イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

「生きる」本展示 命の大切さ読む 県立図書館で

2018年08月31日

生き方を考える機会にしてもらいたと命に関する本を展示している
 県立図書館(広島市中区千田町3丁目、県情報プラザ内)の青少年図書モデル展示コーナーで、資料展示「“生きる” 命に関する本」を開催している。9月16日(日)まで、午前9時~午後7時、土日は5時まで、月曜日休館。
 厚生労働省によると、日本の自殺者全体の総数が減少傾向にある中、青少年の自殺者数は減少していない。毎年、8月下旬から9月上旬などの長期休業明けに、自殺者が急増する傾向があるという。
 同図書館では、青少年が本を読んで生き方を考える機会にしてもらいたいと企画。図書の展示と貸し出しをしている。
 展示内容は、生と死や命に関する134冊。命について考える、自傷行為や命をおびやかす薬物、悩み解決のヒントになる本など。展示資料のリストをホームページで公開している。
 問合は、県立図書館事業課TEL(082)241・4995。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー