イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

認知症に理解を 講演や寸劇披露 9月6日佐伯区で

2018年08月31日
 【佐伯区】9月21日の「世界アルツハイマーデー」に合わせて広島市佐伯区民文化センター(同区五日市中央6丁目)で6日(木)、記念講演会「広げよう!認知症理解の輪2018」が催される。認知症患者やその家族らが気軽に集い交流する場「認知症カフェ」についての講演や寸劇などがある。午後1時半〜3時半。入場無料。同区健康長寿課主催。
 講演では、医療法人ピーアイエーナカムラ病院の中村友美理事長が、「認知症?ならカフェに行こう!〜認知症カフェの取組について」を話す。続いて認知症アドバイザーらが出演する寸劇「認知症カフェってどんなとこ?」。血液さらさら体操や、現在、区内で5カ所ある認知症カフェについて紹介する。最後は、介護老人保健施設「五日市幸楽苑」施設長で同区医師会の茗荷浩志氏がまとめる。
 車いすでも入場できる。要約筆記・手話通訳もある。駐車場に限りがあるため、公共交通機関での来場を呼び掛けている。
 問合は、同課☎(082)943・9728。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー