スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.16発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

地元西広島の望戸、吉田が銀
「次は日本一に」と勝利を誓う
全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦

2018年08月31日

 【廿日市市大野】廿日市市大野のはつかいちグロービーボクシングクラブに通う望戸紀花(同市立大野西小6年)と吉田太雅(広島市立八幡小6年)が18日、大阪府であった第5回全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦に西日本代表として出場した。望戸が小学生女子46?級、吉田が小学生男子38?級で、ともに東日本代表選手に敗れたが銀メダルを獲得した。
 同クラブの保坂雅紀代表は「日本一になれなくて残念だったが、レベルの高い試合で内容も良かった。2人ともよく頑張った」と、奮闘をたたえた。
 試合を終え「悔しい」と、唇をかみしめた両選手。2019年3月、小学校最後となる全日本アンダージュニアボクシング大会での勝利を誓うと同時に、「一年後、中学生になってからの王座決定戦は優勝し、日本一になる」と、再びこの舞台に戻ると声をそろえた。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月16日 第1525号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー