行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.19発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

トラック協会が
のぼり掲げ喚起
広島西署管内

2018年09月28日

目を引く黄色ののぼりを掲げ通行人に呼び掛けた
 【西区】秋の全国交通安全運動(21日─30日)が開催中だ。地元広島西署管内でも、運動の一環として運動開始直前の20日、運送業者らで組織する公益社団法人広島県トラック協会広島支部西分会(脇地生忠会長)が広島市西区商工センターのアルパーク連絡通路で街頭運動を実施し、特に高齢者の関係する交通事故が減るよう買い物客らに呼び掛けた。
 地元コミュニティー団体や西区役所からも参加した。
 脇地会長は、「今年は災害で多くの人が亡くなったがそれは天災。交通事故は人災だ。それぞれがルールを守り譲り合えば事故ゼロ社会を目指すことができる」と参加した会員企業に飲酒運転ゼロの徹底などを強く伝えた。
 同署交通課の水谷治紀課長は、今年8月末までの管内人傷事故のうち65歳以上の関係したケースが3割あったことを紹介した。日暮れ時間が早くなるこれからや高齢者はシックな色の服装である点を挙げ、ドライバーに早めのライト点灯とハイビームの上手な活用を呼び掛けた。
 参加者たちは、アルパークの東西棟をつなぐ通路にのぼりを立てて、啓発グッズ300組を次々に買い物客らに手渡して声掛けしていた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月19日 第1521号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー