スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

フットサル用のゴール4台贈る廿日市市サッカー協会 

2018年10月05日
 【廿日市市佐伯】子どもたちがサッカーに親しむ機会を増やそうと廿日市市サッカー協会(永本修会長)が、佐伯総合スポーツ公園(同市津田)サッカー場にフットサルゴール4台を寄贈した。今後、同公園での大会やイベントなどで活用する予定だ。
 ゴール1台の大きさは、幅3m、高さ2m。11人制や8人制のサッカーゴールに比べ軽く運びやすいため、気軽に練習したり遊んだりすることができるという。
 永本会長は「少子化の影響から競技人口が減っている。U─9やU─10など子どもたちがサッカーに触れやすい環境を作ることで、サッカーをもっと楽しんでもらいたい」と願っている。
 同協会は、2013(平成25)年にも同公園サッカー場に屋外設置時計を寄贈している。
 フットサルゴールの利用等の問合は、同公園☎(0829)72・1601。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー