宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

けん玉W杯王者 5代目名板取付 廿日市市のモニュメント

2018年09月28日

巨大けん玉モニュメントにプレート
を取り付けた
 【廿日市市】7月に「けん玉ワールドカップ廿日市2018」を開催した同実行委員会が今年の王者であるニック・ギャラガーさんの名前を刻んだプレートを25日、廿日市市役所1階の巨大けん玉モニュメントの台座に取り付けた。細川匡大会会長や塩田ひとし実行委員長などが立ち会い、歴代チャンピオンの名に並ぶ、新たな王者を祝福した。
 プレートは直径8?の銅板。大会開催時にシンボルとして会場に飾る高さ約2・8mのけん玉モニュメントに、5枚目として打ち付けた。
 歴代王座は、昨年の金田奏さん以外全てアメリカ出身。塩田実行委員長は「今大会の2位は日本人で、数人の入賞者もいた。来年は廿日市市もしくは佐伯区などからもチャンピオンが現れるかもしれない」と期待を見せた。
 来年の同大会開催については、今年10月の実行委員会で正式に決定する予定だ。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月14日 第1529号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー