地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.09発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

魚霊祭で慰め感謝
広島市中央卸売市場中央市場で

2018年10月26日

  タイを放流し魚霊を慰め豊漁を願った
 
 【西区】豊漁と食卓を彩った海の恵みに感謝する魚霊祭が今年も10日、広島市中央卸売市場中央市場(同市西区草津港1丁目)の同港で催された。主催の市場水産物部協議会・山本英治郎会長をはじめ業者や市関係者など100人余りが神事に参列して祈り、桟橋でタイ15匹を海に放流した。
 当日朝水揚げしたタイを祭壇に供えた。草津八幡宮宮司が祝詞を上げ、みこ舞を奉納した。参列者が玉串を奉じた。
 山本会長は、サンマ、秋鮭の久しぶりの豊漁を喜びつつ、東京・築地市場閉場と豊洲市場開場を引き合いに出して「消費と漁獲が上昇に転じる年となればいい」と期待をにじませた。
 佐々木猛副会長も「中央卸売市場建て替えと市場法の改正が重なった。新たな市場法では、市場開設者がオリジナリティーを出していくことが求められる。難局を乗り切ろう」と参列者に協力を求めた。
 一同は、桟橋に出向き、タイを放流し豊漁と漁の無事を祈った。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月9日 第1524号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー