宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

色など画法学び 芸術の秋を体験 廿日市市で

2018年11月16日

色の表現方法などコツを楽しく学んだ
 【廿日市市】廿日市市が2日、日本画・洋画・版画を体験する「制作体験ワークショップ」をゆめタウン廿日市の市民ホールで開いた。子ども連れの家族やお年寄りなど約45人が紅葉の彩りの表現方法や果物の描き方などを学び、芸術の秋に触れた。
 同ワークショップは、4日にはつかいち文化ホールさくらぴあであった生涯学習フェスティバルのプレイベント。市美展特別企画「はつかいち百景展」の関連事業でもある。同市美術協会の会員らが講師を務めた。
 当日は参加者おのおのが好きなコーナーを体験した。日本画では、あらかじめサイン色紙に描かれたモミジやイノシシなどを色づけした。十数回重ね塗りし、色の深み・広がりなどを表現するコツを楽しく学んだ。
 全コーナーを体験した広島市佐伯区の岡本櫂君(8)は。「教えてもらいながら、自由にできるのが楽しかった。モミジの色づけは100点」と、満足そうな笑顔を見せていた。
 日本画講師の平昭治さんは「参加した子どもから「また来たい」と言ってもらえた。描く楽しさを知ってもらい、芸術に興味を持ってもらえたようで良かった」と話していた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー