宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ディスコにゴルフでコンカツ

2018年11月30日

ミラーボール煌めく会場の下、岩本さん(左)・十輝さん(中央)・八谷さんの司会が会場を盛り上げ、HIPPYさんの歌声でボルテージも最高潮に
瀬戸内海の多島美が広がるゴルフ場でラウンドし(上)、パーティーでゲームを楽しんだり
 週刊西広島タイムス(㈱エル・コ)とユウベル結婚紹介サービスがBLUE LIVE広島(広島市南区宇品海岸3丁目)で広島出身のシンガーソングライターHIPPYさんを迎え「ONE VOICEカップリング ディスコdeナイト」を9日、催しました。続いて17日には、「ゴルフファン」(㈱広島印刷)とコラボし瀬戸内ゴルフリゾート(竹原市吉名町)で「コンカツGOLFin瀬戸内ゴルフリゾート」を開催。両イベントとも新たな出会いを求める多くの参加者でにぎわいました。

ミラーボールの下で踊って
 「ディスコdeナイト」は、 FMはつかいちの番組「ONE VOICE」メーンパーソナリティーで「広島ケントス」の初代ボーカリスト岩本浩嗣さん、テレビレポーターやナレーションなどする八谷しおりさんが司会を務めました。特別MCとしてシンガーソングライター十輝さんが加わり、「ワンボイススタートです」の3人の掛け声でスタート。
 会場にはミラーボールがきらめき、1980年代、90年代の往年のダンスナンバーが響きました。DJ SALLYさんの低音ボイスが一層、盛り上げました。この日限りの特別カクテルを用意。その場でカップルになった男女にはデザートプレートもプレゼント。往年のヒット曲に思わずアルコールも進む人も。占いコーナーでは、恋や結婚の悩みなど聞く人が絶えませんでした。
 メーンのHIPPYさんが登場すると会場のボルテージは最高潮に。HIPPYさんは、3曲を熱唱。時にはステージを降りるほど。
 気持ちも高ぶり、音楽に合わせブレイクダンスを踊ったり軽やかにステップを踏む人も。お互いの距離を縮めてもらおうとチークダンスゲームタイムへ突入。輪になった女性を、男性が同じように取り囲み音楽に合わせ回り音楽が鳴り止むと目の前の人と手を取り合いチークダンス。選ばれた5組のカップルが壇上に立ち、ベストカップルを選出しました。
 最後は、HIPPYさんが、再びステージへ。「来んさいや」を披露すると、最後は参加者が横一列になり、肩を組んで合唱してエンディングを迎えました。

瀬戸内海を眼下にショット
 「コンカツGOLF」には、33人が参加。赤く色付く木々を横目に眼下に瀬戸内海の多島美広がるコースをラウンドしました。
 ルールは、ハーフラウンド。参加者の中には二週間前にゴルフを始めこの日が初ラウンドという女性も。初対面ながら共通の趣味で会話が自然に弾んでいました。
 ラウンド後は、バイキングにさらにゴルフ談義に花が咲いていました。国光かよこさんの軽快な司会で、パーティーがスタート。表彰式では、ドラコン賞やニアピン賞、ブービー賞など続々名前が呼ばれるたび拍手が鳴り響きました。優勝した男性は「メンバーに恵まれました。最初は緊張しましたが、みな優しく出迎えてくれた」と賞品を手に笑顔がこぼれていました。
 席替えし、室内から海の見えるテラスへ移動。自己紹介後、8人1チームで「お絵かき伝言ゲーム」に挑戦しました。お題を基に絵を描き、次の人はそれを見て文字を書き、次の人は絵を描いての繰り返し。カピバラのお題が最後はキツネになり笑い声が響きました。
 イベントもクライマックスへ。アプローチカードに「また一緒にプレーしたいな」と思った人の名前を書き、フリータイム。いよいよ告白タイムへ。「きょうは楽しくラウンドできました」と女性に思いの丈を込めた言葉と共に手を差し出しました。「ちょっと待った」コールも飛び出し、結果、4組のカップルが誕生しました。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー