イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ほりだしもん市
もちまき舞台も
12月1日から卸街まつり

2018年11月30日
 【西区】「第14回卸街まつり─つながるFestival」が12月1日(土)・2日(日)午前10時~、広島市西区商工センター2丁目の卸問屋が並ぶ一帯である。ほりだしもん市・うまいもん市をメーンに、毎年人気の当たり付きもちまき、ステージ、アクセサリー作りのワークショップ、「メリークリスマス&カープ三連覇おめでとう!アートプロジェクト」、縁日など多彩。子どもから大人まで、見て参加して食べてと楽しむことができる。入場無料。雨天決行。
 まつりは、地元卸業者と消費者の距離を縮めて、活性化を図るのが狙い。開催時間は、初日が午後4時まで。二日目は3時半まで。
 ほりだしもん市・うまいもん市は、パンフェスタやB級グルメ、特産品などがズラリ。衣料・繊維品や寝具、食品、青果、内装材に日用雑貨、タイルなど卸問屋ならではの価格と品ぞろえで繰り広げる。
 もちまきイベントは1日がまつりオープニング終了直後と午後2時半~の2回。2日はオープニング直後と午前11時45分~、午後2時半~の計3回。
 アートプロジェクトは、二日間とも午前10時半~。エディオン1階のふれあい広場で。サンタとトナカイの野球チームイラストに、参加者が手作りした「ぶらさがりマン」をぶら下げて作品にしていく。ぶらさがりマンを作った子どもたちには、抽選でバルーンを進呈する。外れても菓子がある。
 ワークショップは、2種類。ふれあい広場で実施する。1つ目は、1日のお祝いちらし寿司ストラップ作り。参加費は、500円。2つ目は、2日のクリスマスバスボム。参加費は500円。時間は両日とも午前10時半~午後3時。
 ステージも二日間ある。初日は午前9時55分~山陽高校和太鼓部OB「打魂」の演奏で幕開け。同高校PTAコーラス「スマイル」、もみのき保育園児パフォーマンス、三光電業(株)和太鼓倶楽部「三光」と続く。
 二日目は、9時55分~「打魂」、よさこい、ジャザサイズ、ライブミュージック「弥生/Percy」。
 卸縁日は、二日間とも。懐かしい遊びにワクワクするブースなど、親子で楽しむ企画が目白押しだ。
 駐車場はないので、公共交通機関の利用を。
 問合は、広島総合卸センター内、同まつり事務局TEL(082)277・8866。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー